オーストラリア人の感覚てすごいMr Plumberがきた

March 09, 2018

水漏れでハンディマンを呼んだら

バスルームの水道管が水漏れ
夫が自分で修理するといって、もう半年。
とうとう、限界
出張でほとんど家に居ないのに
修理できるわけない。

ネットで配管工( Plumber)を調べていたら、
夫からおススメが送られてきた。
嫌な予感こういう予感は良く当たる。

とりあえず、すぐに来てくれた。

玄関開けたら、びっくり

でっかーーーー

おじさん、洗面台の下に入れる?

水漏れしている場所へ案内すると、
何やら大きなため息。。。

ああ、やっぱり入れない。
ダメだよオジサン。
足バタバタさせても、入れないよ。
お腹が邪魔だし、
お尻も出てきちゃってる


SIN March plumber 2018


おじさん、なんとか手は届いたみたい。
でも、ちゃんと見えてる?
いえ、見えてません。
だから、10分で終わる作業に、
1時間半もかかった
ため息いっぱいしてた。

SIN March plmber 1 2018



やっと水が止まった。
でも、怪しい。
ずるしてそうな雰囲気。
目が泳いでる・・・

それより、その腹と尻、
こっち見せないでくれ!

『また呼んでね!』なんて、
もう絶対に呼ばない。

なんか、怖かった。
きっと文句言ったら、仕返しされそう。
SIN March plumber 2 2018


3日後に、また水が漏れ始めて、
前よりひどく漏れている。
やっぱりこの人、ただのおじさん?


連絡したら、またお金が欲しいというので、
ちょっと怖いから、
もうこの人を使うのはやめた。
普通は、修理に失敗した場合、
無料で再修理するはずなんだけど。


明日の夜、新しい配管工がくる。
ちゃんと配管工のライセンスがある人。
しかも、見積もり60ドル。

あいつは100ドルだった。

WhatsAppでの予約で、
水漏れ写真と動画を送って
念のため、体が大きな人は
洗面台の下に入らないって伝えておいた。




コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
オーストラリア人の感覚てすごいMr Plumberがきた