ただいまー。
ニュージーから生きて帰ってきたよ~。
オーストラリアにいたサイクロンのデビーが
ニュージーランドにやってきて、
大雨、洪水、地滑りで、大変でした。

サイクロンのデビーが来る数日前は、
とても良い天気で、ビーチ日和で、
オークランドから車で約3時間の
ワイヒビーチでくつろいでたの。
ビーチハウスを2泊借りて、エンジョイしたよ。
20170331_150741


NZの良いところは、
海に人がほとんどいないってことかな。
人がいないから、溺れても助けてくれないよ。
だから注意が必要。
20170401_111118


夫は久しぶりのサーフィン。
友達と一緒にめちゃエンジョイ。
20170401_113026


オークランドへ帰る途中で、
曇ってきて、夜は大雨。
翌日からもっと大雨。

オークランドでは
地滑りで行方不明の人が出ているというのに、
夫は翌日、少し晴れた瞬間に、
娘を連れて地滑りしてそうな海沿いの崖へ。

いつも思うんだけど、
夫の家族って、危機管理がなってない。

お前は死んでも自業自得だけど、
子供を道ずれにするな!
」と叫ぶ私。

そして、どこからか、ノリノリな声で
私も行くわ~~


グラニー参上
ダースベーダーの音楽かけたい。

海が干潮の時だけ歩ける場所を
海水が増えてきているときに歩いたんだけど、
波がね、ザブザブ、足に当たるんだよ。
当たるたびに、怖いんだよ。
滑ったら海に落ちるんだよ。
岩肌がワカメや苔で滑るんだよ。

似たような写真があったので参考に↓
縦の赤い丸は土砂崩れ。
私たちが歩いた場所ではないけれど、車で5分ぐらいの崖。
(Northshore) こんな感じのところを歩いたわけ。
海水はもっとあり、どんどん水が増えてきた。

SIN Apr NZ dosha 2017
崖から水が噴き出してて
まるで滝のようになってたの。
それは土砂崩れが起こるサインだけど、
まあ、滝よ~」と楽しんでいる夫とグラ。

そのうち、ヘリコプターがぐるぐる飛び出した。
ねえ、私たちテレビで
バカ家族って放送されてるんじゃない?

子供と妻を置き去りにして、
グラニーと楽しく先に行ってしまう夫。

娘は私が守らなければ。

行く先々で、流されてきた大木がいっぱいあって、
よじ登って先に進むしかない。

今からこの道を戻れば満潮になり、
死亡だよ。。。。

やっと砂浜に着いた。
少し安心できると思ったら
あれ?グラニーが居ない!

こんな時に居なくなるなんて、
探す時間もないのに、海にでも落ちたのか?


どどどーん。

土砂崩れ!


危ない!家が落ちてくるかもしれない!
ええええ?グラニーそこで何してる?

SIN Apr NZ dosha on G 2017

どうしても尿意が我慢できなくて、
岩に隠れてしてたのよ~。

崖が落ちてきた時、必死に
「グラニー、ラーーーン」と叫んでた私。


その後、土砂で途中まで埋まった非常階段を使って、
地上へ戻り、家に帰ったよ。

非常階段もかなり危険だった。

ニュージーあるある
*トイレがない時は、隠れてしてしまう。
さすがに大はしないけど。